www.deai-hyoukadan.com

車の損害保険には自賠責保険および任意保険に代表されるふたつの分類があります。自賠責保険も任意保険も事故に遭遇した場合の補償を想定したものですが、契約の内容は違っているといえます。任意保険と自賠責保険に関しては補償が約束される条件が差別化されているのです。※相手については「任意保険」「自賠責保険」を用いて補償されます。※自分に関しては、「任意保険」によって補償します。※自己が所有する財産においては<任意保険>で補償します。自賠責保険単独では自分への負傷もしくはクルマを対象とした補償などの支援は享受できません。続いて相手方への賠償などですが自賠責保険については死亡した時は最大で三千万円・障害が残った場合最高4,000万といった具合に決められています。ただし賠償金が前述した値を超えてしまうことはよくあることに注意しましょう。事故の相手の所有するマイカーあるいは不動産を破損したときには、害を加えた人の全くの自己賠償となるという決まりです。そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険というもう一種類の保険が重要になるのです。危害を受けた者のサポートを主な役割とする任意保険にはそれ以外の役目が存在します。※相手方に対しては、死亡時もしくは負傷のみならず自動車・建築物といったものの対象を補償してもらえるのです。※自分に対しては同伴していた人も含め死亡時あるいはケガを補償してくれるのです。※自分の財産については愛車を賠償するのです。このように数々の面においてサポートが万全であるということが任意保険が持つ長所なのです。保険の料金の支払いはもちろん必要となりますが、事故を起こした時の相手のためにも自分自身のためにもマイカーに余計な心配を抱くことなく乗りたいのであれば任意保険に契約を結んでおくに越したことはありません。

コンテンツメニュー