重ねているとその分損失が生じる率が増します

現実にPCの前に座って休むことなく変動している為替相場を見ていると、すぐにエントリーをするという衝動が沸き起こる場合も少なくありません。SanCity(サンシティ)

でも、ぼんやりした思いつきで注文するのは、決してしてはいけません。東京美容外科

ご存知の通り、市場は終日、常にいずれかの国のマーケットが関いているし、為替相場もいかなる時でも、上がったり下がったりします。ベルタ葉酸サプリ

そうであっても、何度も取引を重ねているとその分損失が生じる率が増します。Lens King(レンズキング)

当たり前ですが、売り買いの回数を積み重ねる事で稼げる確率が五分五分になるのは周知の通りです。viagogoチケット

けれどもこの事は「はっきりしない思いつきでトレード」してしまうこととは別問題です。アヤナスBBクリーム

売り買いの回数を積み重ねるということは自分が「ここだ!」と思いついた自信を得た場合の売買回数を重ねるという事です。パーフェクトフロアーズ

特段の理由も無く、ひっきりなしに注文を積み重ねるのとはかなり異なります。ライザップ なんば

外国為替相場の戦いに勝利するためには、自ずから深く考えてメリハリをつけることが必要です。ベルタプエラリア

「ここがチャンス」と思ったマーケットの時にはいっそのこと所有ポジションを買い増して徹底的に利益を追求します。ライザップ 横浜東口

「だいぶ分からない外国為替相場でどう動くのか読めないな」と思った時は、観念して所有ポジションをひとつも残さないで閉じて黙っています。

このくらいの緩急をつけた方が、最後に売買は成功します。

外国為替相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

本当に言葉どおりです。

為替取引とは、いつでもポジションを所持する事が大事ではなく、売買ポジションを持たずにじっとしていることも状況によっては取引です。

では、どの場面で休むべきなのでしょうか。

第1に言われるのが前述の通り、直近のマーケットがはっきりと見通しがきかない時です今から上がるのか下がるのか決断できない時は、何も考えず行動すると、自身の思った筋書きとは逆方向に外国為替市場が推移してしまい、損失を被る事になります。

そのため、そのような状況ではポジションを諦め、そのままの状態で静観しているのが最良の選択です。

次に、自身の体の状態がすぐれない時。

体の調子とマーケットに関係がない感じる投資家もいますが現実には意外と影響します。

体の調子がすぐれなければ外国為替相場の肝心な場面で正確な決断を下すことが出来ない場合があります。

やる気がわかない時はトレードから遠ざかる事も大切な事です。

コンテンツメニュー

ライザップ 那覇店 ベルタプエラリア viagogoチケット