ことを言います

為替への介入というのを知っていますか?日銀が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞記事、雑誌記事、報道番組、ヤフー等の報道記事でチラリと見た人も多いと思います。

元来外国為替市場介入(為替介入)は我が国の場合、・大臣(財務大臣)円相場の沈着を実現できるように実施する手段ということで考えられています。

簡潔に言えば、極端な円高もしくは円安が起こると財務大臣の用命により中央銀行である日銀が円を売り買いすることで為替相場を安定化させる、ことを言います。

外国為替市場介入(為替介入)とは種類があります。

1.単独介入・・・行政・日本銀行が東京市場で市場に参入して為替介入を行なう。

2.協調介入・・・いくつもの通貨当局が協議したうえで各銀行などが資産を駆使してみんな一緒にもしくは続けて外国為替平衡操作(為替介入)を実施していく。

3.委託介入・・・他国の銀行などへ為替の介入を委ねる。

4.逆委託介入・・・日本銀行が国外の通貨当局に代わり為替介入(外国為替平衡操作)を行なう。

このように方法です。

いずれの種類の為替介入(外国為替平衡操作)もその場、もしくは継続的に為替の市場に多大な影響力を与えると思います。

為替介入の資金は当然自国の権威をかけているだけにスケールが違うのです。

円を基本に例えると、普通は数銭ごとに動いている相場が突然数円の動きをします。

個人の投資家の方であれば今までに経験していると考えますが、これまでうまく利益(または含み損)が多い持ち高を保持していたにもかかわらず、持続している保有高が決済となりましたといった連絡がFXの業者よりメールが来ました・・・どれほど儲かったのかな(赤字になったのか)?と考えながら決済の状況を見たところ、自分が見込んでいた事とは逆の状態となり息を飲んだというパターンがあるのです。

為替介入が実施された時によくあることなのです。

こういったことから為替介入が行なわれることで為替の市場の変動と反対の動きをするものです。

それだけでなく動く額の幅はものすごく大きくでかく変化しますので用心しましょう。

コンテンツメニュー

    Link